Press Center > 『Pokémon GO』ゲーム内におけるハロウィンイベントを実施
2017年10月19日
『Pokémon GO』ゲーム内におけるハロウィンイベントを実施

Niantic, Inc.と株式会社ポケモンは本日、『Pokémon GO』のゲーム内において、新しいゴーストタイプのポケモンたちが登場する、ハロウィンイベントを実施することを発表しました。このイベントは、日本時間10月21日(金)早朝から11月2日(木)まで開催します。

本ゲーム内イベントでは、『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の舞台である「ホウエン地方」に登場するヤミラミやジュペッタが、『Pokémon GO』に初めて現れます。また、ゴース、ムウマなどのゴーストタイプのポケモンも通常より多く出現します。その他の『ポケットモンスター ルビー・サファイア』に登場したポケモンたちは、早ければ12月ごろから『Pokémon GO』に少しずつ登場する予定です。

また、ハロウィンイベント中には、ピカチュウが新しい衣装で登場します。さらに、相棒のポケモンが「アメ」を通常の倍の早さでみつけてくれるほか、ポケモンを捕まえたり、「タマゴ」をかえしたり、ポケモンをウィロー博士へ送る際に得られる「アメ」も、通常の2倍になります。

期間中には、新しい着せ替えアイテム「ミミッキュの布帽子」が登場するとともに、ゲーム内の「ショップ」では、「レイドパス」、「スーパーふかそうち」が入ったギフトボックスを販売します。

ハロウィンイベントの詳細については『Pokémon GO』の公式ブログPokemonGoLive.com/ja/ をご参照ください。

『Pokémon GO』に関する最新の情報はTwitter 公式アカウントまたはFacebook ページをご覧ください。 以上

株式会社ポケモンについて

1998年4月、ポケモンの原著作権者である、任天堂株式会社、株式会社クリーチャーズ、株式会社ゲームフリーク3社の共同出資により、当社の前身となるポケモンセンター株式会社が設立されました。その後、2000年10月に、社名を株式会社ポケモンに変更し、ポケモンのゲーム、カードゲーム、アニメ・映画、MDなど、多岐にわたるポケモンコンテンツ全体のブランドマネジメントを行っております。

Niantic, Inc.について

Niantic, Inc.は、モバイル端末を通じて、今までに体験したことのないような冒険や発見、社会的コミュニティを築く、新しい現実世界の体験を作り出す企業です。CEOであるジョン・ハンケは、2011年にGoogleの社内スタートアップとしてNiantic Labs(ナイアンティック・ラボ)を設立しました。2015年9月にNiantic Inc.としてGoogleから独立し、Google Inc.、ポケモングループ、任天堂株式会社から投資を受けています。当社が開発・運営を手掛ける、AR(拡張現実)を用いたリアル・ワールド・ゲーム『Ingress(イングレス)』は、世界200以上の国と地域に渡り、ダウンロード数は2,000万回以上を記録しています。また、現実世界を舞台にした、iOSおよびAndroidのモバイル端末向けのポケモンゲーム『Pokémon GO』を開発・運営しており、2017年6月時点で7.5億回以上のダウンロード数を記録しています。Niantic, Inc.に関する詳細情報は、www.nianticlabs.comをご覧ください。

arrow Created with Sketch. Press Centerに戻る