Press Center > 『Pokémon GO』、「ホウエン地方」の新たなポケモン達の登場と、 現実の天気と連動する新機能を追加
2017年12月6日
『Pokémon GO』、「ホウエン地方」の新たなポケモン達の登場と、 現実の天気と連動する新機能を追加

株式会社ナイアンティック株式会社ポケモンは本日、『Pokémon GO』において、『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の舞台である「ホウエン地方」で見つけられる「キモリ」、「アチャモ」、「ミズゴロウ」など50匹以上の新ポケモンが、今後数週間かけて新たに登場することと併せて、現実の天気に連動して、見つけられるポケモンが変化する「天気連動機能」を新たに追加することを発表しました。

現実の天気がゲームプレイの要素となるのは、AR(拡張現実)機能を活用するモバイルゲームで初めてとなります。トレーナーがポケモンを探して世界を冒険している時、その付近の天気がゲーム内マップに表示されるようになります。現実の天気の影響によって、遭遇するポケモンの種類や、「わざ」の威力が変化します。

ポケモンたちは、それぞれ適した気象条件で見つけられる可能性が高まるため、トレーナーたちは「ポケモン図鑑」を完成させるために、地域の気象パターンやポケモンの遭遇状況について考えるようになります。また、季節の移ろいとあわせて、普段とは異なる種類のポケモンも登場します。これにより、トレーナーは現実世界の気象状況にあわせて活動するようになり、『Pokémon GO』におけるゲームプレイ体験をさらに深めることができます。

Pokémon GOについての詳細は、公式ブログをご覧ください。『Pokémon GO』に関する最新の情報はTwitter 公式アカウントまたはFacebook ページをご覧ください。 以上

株式会社ポケモンについて

1998年4月、ポケモンの原著作権者である、任天堂株式会社、株式会社クリーチャーズ、株式会社ゲームフリーク3社の共同出資により、当社の前身となるポケモンセンター株式会社が設立されました。その後、2000年10月に、社名を株式会社ポケモンに変更し、ポケモンのゲーム、カードゲーム、アニメ・映画、MDなど、多岐にわたるポケモンコンテンツ全体のブランドマネジメントを行っております。

Niantic, Inc.について

Niantic, Inc.は、モバイル端末を通じて、今までに体験したことのないような冒険や発見、社会的コミュニティを築く、新しい現実世界の体験を作り出す企業です。CEOであるジョン・ハンケは、2011年にGoogleの社内スタートアップとしてNiantic Labs(ナイアンティック・ラボ)を設立しました。2015年9月にNiantic Inc.としてGoogleから独立し、Google Inc.、ポケモングループ、任天堂株式会社から投資を受けています。当社が開発・運営を手掛ける、現実世界を舞台にした、iOSおよびAndroidのモバイル端末向けのポケモンゲーム『Pokémon GO』を開発・運営しており、2017年11月時点で8億回以上のダウンロード数を記録しています。本ゲームとAR(拡張現実)を用いたリアル・ワールド・ゲーム『Ingress(イングレス)』は、App StoreまたはGoogle Playから無料ダウンロードできます。第3弾のプロダクト『Harry Potter: Wizards Unite』は現在、Warner Bros.と共同開発中です。Niantic, Inc.に関する詳細情報は、www.nianticlabs.comをご覧ください。

arrow Created with Sketch. Press Centerに戻る