Press Center > 『Pokémon GO』 、ゲーム内における「ジム」の新機能リリースと、 新たな協力プレイ機能「レイドバトル」の導入を発表
2017年6月19日
『Pokémon GO』 、ゲーム内における「ジム」の新機能リリースと、 新たな協力プレイ機能「レイドバトル」の導入を発表

Niantic, Inc.株式会社ポケモンは本日、『Pokémon GO』のゲーム内における「ジム」の新機能リリース、および新たな協力プレイ機能である「レイドバトル」の導入について発表しました。「ジム」の新機能は本日よりリリースを開始し、「レイドバトル」は近日中にリリースを予定しています。これらの機能は無料でアップデートされ、App StoreやGoogle Playでダウンロードが可能です。

新たに生まれ変わった「ジム」は、より多くのプレイヤーが訪れる機会を増やすことを目的に、プレイヤー同士がより協力しながら「ジム」の取り合いを楽しめる仕様にアップデートしています。「ポケストップ」のように、「ジム」に表示されている”フォトディスク”を回転させて道具を入手できるほか、「ジム」を訪れると、それぞれの写真がついた「ジムバッジ」を得ることができるなど、様々な形であらゆるプレイヤーが「ジム」に参加し、より多くの報酬を得ることができます。

また、今回のアップデートにより、今までの「ジム」における名声、ジムレベル、トレーニングという仕様がなくなります。新たな「ジム」では、ポケモンを6匹まで配置できるスロットが定常で用意され、そこには同じ種類のポケモンを配置することが出来ない仕様になります。そのため、プレイヤーはそれぞれ異なる種類のポケモンを1体ずつ配置する必要があります。「ジム」にバトルを挑んだチームは、その「ジム」に配置された順に登場するポケモンとバトルする設計になっています。

さらに今回のアップデートにより、「ジム」を守るために配置されたポケモンのCPに影響する、「やる気」という新たな要素を追加しました。「ジム」に配置されたポケモンは、時間の経過や、ジムバトルを重ねることにより、「やる気」が低下します。「やる気」の低下によりポケモンのCPも下がるため、相手チームにとっては、ジムを攻略することが容易になります。「やる気」は、味方チームのプレイヤーがポケモンに「きのみ」を与えることにより、回復することができます。

近日中にリリース予定の新しい協力プレイ機能「レイドバトル」は、一時的に「ジム」で発生するゲーム内イベントです。この「レイドバトル」では、所属するチームの枠を超えてプレイヤー達が協力し、「ボスポケモン」として出現する強力なポケモンに勝利することで、新たな道具を獲得し、そのポケモンを捕まえるチャンスを得ることができます。「レイドバトル」に参加するためには、新しい道具「レイドパス」が必要になります。「レイドパス」は、「ジム」のフォトディスクを回転させることで、1日1枚入手できるほか、ゲーム内のショップでポケコインと交換することもできます。

「レイドバトル」が始まる「ジム」には巨大な「タマゴ」が出現し、カウントダウンタイマーが表示されます。その時間がゼロになると光とともにタマゴから強大な「ボスポケモン」が姿を現します。「レイドバトル」には、1グループあたり最大20 名のトレーナーが同時に参加でき、他のプレイヤーと協力して「ボスポケモン」へ挑むことができます。

友人や親しい人とともに「レイドバトル」に参加したいプレイヤーは、「プライベートグループ」を作成することもできます。これにより、プレイヤーは友人を特定のグループに招待して、一緒にレイドバトルに挑戦することができます。

また先日、『Pokémon GO』の1周年に向けて、今夏に開催を予定する欧米でのリアルイベントに関して発表しました。世界初の『Pokémon GO』イベントとなる「Pokémon GO Fest シカゴ」は、7月22日にアメリカ・シカゴのグラントパークで開催されます。「Pokémon GO Fest シカゴ」のチケットは、2017年6月20日午前2時にPokemonGoLive.com/festにて販売開始します。

『Pokémon GO』に関する最新の情報はTwitter 公式アカウントまたはFacebook ページをご覧ください。

株式会社ポケモンについて

1998年4月、ポケモンの原著作権者である、任天堂株式会社、株式会社クリーチャーズ、株式会社ゲームフリーク3社の共同出資により、当社の前身となるポケモンセンター株式会社が設立されました。その後、2000年10月に、社名を株式会社ポケモンに変更し、ポケモンのゲーム、カードゲーム、アニメ・映画、MDなど、多岐にわたるポケモンコンテンツ全体のブランドマネジメントを行っております。

Niantic, Inc.について

Niantic, Inc.は、モバイル端末を通じて、今までに体験したことのないような冒険や発見、社会的コミュニティを築く、新しい現実世界の体験を作り出す企業です。CEOであるジョン・ハンケは、2011年にGoogleの社内スタートアップとしてNiantic Labs(ナイアンティック・ラボ)を設立しました。2015年9月にNiantic Inc.としてGoogleから独立し、Google Inc、ポケモングループ、任天堂株式会社から投資を受けています。当社が開発・運営を手掛ける、AR(拡張現実)を用いたリアル・ワールド・ゲーム『Ingress(イングレス)』は、世界200以上の国と地域に渡り、ダウンロード数は2,000万回以上を記録しています。また、現実世界を舞台にした、iOSおよびAndroidのモバイル端末向けのポケモンゲーム『Pokémon GO』を開発・運営しており、2017年6月時点で7.5億回以上のダウンロード数を記録しています。Niantic, Inc.に関する詳細情報は、www.nianticlabs.comをご覧ください。

arrow Created with Sketch. Press Centerに戻る