Press Center > 『Pokémon GO』、幻のポケモン「ミュウ」の発見につながる 新たなゲーム内要素「リサーチ」を発表
2018年3月26日
『Pokémon GO』、幻のポケモン「ミュウ」の発見につながる 新たなゲーム内要素「リサーチ」を発表

Niantic, Inc.株式会社ポケモンは本日、『Pokémon GO』において、幻のポケモン「ミュウ」が近日中に登場することを発表しました。今週中から新要素「リサーチ」にトレーナーが挑戦できるようになり、それらを達成することでゲーム内におけるリワードを受け取れるようになります。また、ウィロー博士から依頼される「スペシャルリサーチ」では、幻のポケモン「ミュウ」の謎を追う特別なストーリーを体験できます。

「リサーチ」要素の追加により、「フィールドリサーチ」と「スペシャルリサーチ」のタスクに挑戦することができるようになります。「フィールドリサーチ」のタスクはポケストップから受け取ることができ、ポケモンを捕まえる・タマゴをふかさせる・バトルに参加する、などのあらゆるタスクに挑むことができます。一方、「スペシャルリサーチ」はウィロー博士から直接依頼を受ける特別なストーリー性のあるタスクで、定められた目標を達成することで、ストーリーがさらに展開します。

トレーナーは、「フィールドリサーチ」のタスクを1日にいくつでも取り組むことが可能で、リサーチタスクの難易度が高いほど、より大きなリワードを受け取ることになります。また、1つのリサーチタスクを完了すると、タスク完了を示す「スタンプ」を1日1個もらうことができます。「スタンプ」が7個集まると、博士の研究が大きく進む「大発見」が発生し、より貴重なリワードを受け取ることができるほか、時には伝説のポケモンに出会える可能性も高まります。

Pokémon GOについての詳細は、公式ブログをご覧ください。『Pokémon GO』に関する最新の情報はTwitter 公式アカウントまたはFacebook ページをご覧ください。

株式会社ポケモンについて

1998年4月、ポケモンの原著作権者である、任天堂株式会社、株式会社クリーチャーズ、株式会社ゲームフリーク3社の共同出資により、当社の前身となるポケモンセンター株式会社が設立されました。その後、2000年10月に、社名を株式会社ポケモンに変更し、ポケモンのゲーム、カードゲーム、アニメ・映画、MDなど、多岐にわたるポケモンコンテンツ全体のブランドマネジメントを行っております。

Niantic, Inc.について

Niantic, Inc.は、モバイル端末を通じて、今までに体験したことのないような冒険や発見、社会的コミュニティを築く、新しい現実世界の体験を作り出す企業です。CEOであるジョン・ハンケは、2011年にGoogleの社内スタートアップとしてNiantic Labs(ナイアンティック・ラボ)を設立しました。2015年9月にNiantic Inc.としてGoogleから独立し、Google Inc.、ポケモングループ、任天堂株式会社から投資を受けています。当社が開発・運営を手掛ける、現実世界を舞台にした、iOSおよびAndroidのモバイル端末向けのポケモンゲーム『Pokémon GO』を開発・運営しており、2017年11月時点で8億回以上のダウンロード数を記録しています。本ゲームとAR(拡張現実)を用いたリアル・ワールド・ゲーム『Ingress(イングレス)』は、App StoreまたはGoogle Playから無料ダウンロードできます。第3弾のプロダクト『Harry Potter: Wizards Unite』は現在、Warner Bros.と共同開発中です。Niantic, Inc.に関する詳細情報は、www.nianticlabs.comをご覧ください。

arrow Created with Sketch. Press Centerに戻る