ブログ > Niantic : AR開発者向けプラットフォーム「Lightship」をグローバルに展開
2021年11月8日
Niantic : AR開発者向けプラットフォーム「Lightship」をグローバルに展開

パートナーアプリの第1弾
およびAR開発を促進する「Niantic Ventures」を発表

今回、Niantic Lightship Platformの拡張現実(AR)ツール第一弾を皆さんへお届けいたします。Niantic Lightship ARDK(開発者キット)をご利用いただくことで、世界中の開発者の皆さんが持つARの世界観、そしてリアルワールド メタバースのビジョンを実現できるようになります。

Niantic Lightship ARDK は Lightship.dev より、世界中のすべてのAR開発者の皆さんにご利用いただけます。提供を開始するにあたり、世界各地のブランドパートナーや開発者の皆さんによって作られたARアプリやデモをご紹介します。

また、この度、ARの未来を担う企業に投資して、パートナー関係を築くことを目的とした、Niantic Venturesを設立します。Niantic Venturesは、リアルワールド メタバース(現実世界のメタバース)というNianticのビジョンを共有し、グローバルなエコシステムに貢献するアプリを開発する企業に対し、2,000万ドルの初期ファンドから投資を行います。Niantic Venturesの詳細については、 Lightship.dev をご覧ください。

Niantic 設立者 兼 CEO、 John Hanke:
「Niantic は、世界中の人々にARを体験していただくこと、それを支えるプラットフォームを作ることを目標としています。これはNianticの設立当初から変わっていません。しかし、現実の世界とバーチャルな世界を融合させ、人と技術の関係を変革するには、可能な限り多くの方々の意見と視点が必要です。だからこそ、開発者、ブランド、クリエイター、そしてARを探求する仲間にインスピレーションを与え、ARの可能性を押し広げる、ヒト中心型の包括的な体験を生み出す皆さんに、Lightshipのプラットフォームをご利用いただけることをたいへん嬉しく思っています」

Lightship Platform
Lightship Platformは、『Ingress』、『Pokémon GO』、『Pikmin Bloom』などのタイトルを開発・運営してきた長年の経験をもとに構築された、Niantic のゲームの基盤となるものです。

Lightship Platform の一部であるARDKは、クロスプラットフォームのソフトウェア開発キットで、世界中の何十億ものAndroidおよびiOSデバイス上でシームレスに動作します。これは Mapping (リアルタイムでの現実世界の再現)、Understanding (環境の理解)、Sharing (体験の共有)という3つの核となるAR機能を処理するツールや技術をまとめたもので、開発者の方々はこのARDKツールの一部、またはすべてをシームレスに活用し、ユニークなAR体験を構築いただけます。今後、開発者の方々に向け、さらに多くのLightship Platformの機能を提供予定です。


Real-Time Mapping (リアルタイムでの現実世界の再現):メッシング

Lightship を利用することで、世界中のどこでも、人々が探索し、集まり、繋がることができる新しい体験を可能にします。これを実現する鍵は、現実世界をデジタルの世界で再現する機能にあります。

ARDKのメッシングAPIは、スマートフォンのカメラセンサーを利用して深度を読み取るNiantic の先進技術を利用して、リアルタイムに3Dメッシュマップを作成し、ユーザーの周囲の地形や地表を把握します。メッシュはアプリのセッション全体を通して動作し、ユーザーの動きに合わせて拡張・改善されていきます。

オクルージョンAPIを使用すると、仮想のオブジェクトが現実のオブジェクトに対して正しい深度(奥行きなど)の順で表示されるため、バーチャルのボールを蹴って生け垣を越えさせると、生け垣は見え続けますが、ボールは見えなくなります。

何年もの研究を重ねて開発されたNiantic の深度技術は、標準的なRGBセンサーから最新のLiDAR搭載デバイスまで、あらゆるAndroidまたはiOSデバイスのカメラに自動的に適応します。こうして、ARアプリケーションを使用するユーザーの位置情報や状況を読み取ってダイナミックな3Dメッシュマップを構築することで、開発者の方々が、より視覚的にリアルなARレイヤーを作成できることになります。

Understanding (環境の理解):セマンティック セグメンテーション

セマンティック セグメンテーションAPIは、デジタルオブジェクトを現実世界のあらゆる物体の表面と正しくインタラクトさせ、現実的に自然な場所に現れたり、消えたりするように処理します。

ARDKのセマンティック セグメンテーションAPIは、コンピュータービジョンに基づく機能を駆使し、地面、空、水、建物など環境中のさまざまな要素を即座に識別できます。これらの要素により、バーチャルコンテンツが現実の空間で見せる反応が変化します。

セマンティック セグメンテーションによって開発者は作りたい体験に注力することができる一方、環境を動的に理解する作業はARDKが行い、創作物をよりリアルに表現できるようになります。


Sharing (体験の共有):マルチプレイヤー

ARをさらにリアルに感じさせるには、体験の共有が重要なポイントです。ARDKのマルチプレイヤーAPIでは、最大5人のプレイヤーを同時にサポートするARセッションを開発者が簡単に作成することができます。これにより、バーチャルコンテンツ、プレイヤー、それらのインタラクションをすべてリアルタイムに同期させることができ、リアルでシームレスな、よりインタラクティブで強調的なアプリケーションの制作が可能になります。

高速な体験共有を実現するため、ARDKはP2Pネットワーキングスタックと管理サーバーよってバックアップされており、開発者がマルチプレイヤー体験をサポートするためのコードを書く必要はありません。これに加えて、ARDKはプレイヤーロビーシステム、同期クロック、セッション永続性ストレージなどを含む、負荷の軽いマルチプレイヤーゲーミング機能を提供します。


ビジュアル・ポジショニング・システム
Nianticの設立当初から、世界の3Dマップを作りたいという思いがありました。このマップを作ることは、拡張現実の大きなチャレンジのひとつであり、情報と双方向性の体験で現実世界に魅力を与える鍵となります。

本日、Niantic のCEO、John Hankeは、Lightshipのロードマップの次のステップとなる「Niantic ビジュアル・ポジショニング・システム(VPS)」のデモンストレーションを行いました。

このVPSによって、ユーザーがある場所に仮想オブジェクトを設置すると、そのオブジェクトはそこに存在し続け、同じアプリケーションを使用する他のユーザーがそのオブジェクトを発見できるようになります。これまでに私たちはライブプロダクションコードを使って数多くの場所をマッピングしてきました。来年は、一部の都市での本格的なローンチに先駆け、VPSへのアクセスを一部の開発者の方々に開放する予定です。

新しいAR体験のご紹介
ARDKのプライベートベータに参加した企業、スタジオ、開発者の方々が手掛けた初期の作品をご紹介します。クローズドベータに参加くださった皆さんは、国や地域を問わず、さまざまな分野にまたがります。Lightship Platformの初期段階にご参加いただいた皆さんに心から感謝を述べるとともに、この挑戦に参加いただくすべての方々に、すばらしいアプリケーションや体験を構築するためのサポートができることを楽しみにしています。

「ARは、これまでにない方法でCoachellaのファンとの交流を可能にしてくれます。今回のイベントでは、新しいインタラクティブな方法でショーを体験していただけるでしょう。世界中のファンが、住んでいる場所に関係なくCoachellaの世界に浸ることができるのです。私たちは、世界中の誰もが、どこにいてもCoachellaを体験できる未来を目指しています。Niantic のARツールはその未来を実現するための原動力となるものです」 -- Coachella Innovation、Sam Schoonover氏

「Lightship Platformは、TRIPPの可能性を引き出し、皆さんの周りの世界の見方を変える、心に響くマルチプレイヤー型の拡張現実体験を提供してくれます。私たちの製品の可能性をこのようにエキサイティングに広げていくことは、Lightship Platformなくして実現できません。ローンチパートナーになれたこと、そしてNiantic のサポートで人々の心と感情を豊かにするイノベーションを続けていく機会を得たことを光栄に思います」 -- TRIPP CEO & Co-Founder、Nanea Reeves氏

「PGAジュニアリーグの革新的なフォーマットをARの世界に開放することで、ゴルフへの関心を深め、ゴルファーとPGAプロとのつながりを生み出す機会となります。」-- PGA of America Chief Administrative and Innovation Officer、Arjun Chowdri氏

「ARは、私たちが好きな音楽を聴いたときに想像する感情的な風景を現実世界にもたらすことができます。お気に入りの曲が流れてくると空の色が変わったり、初めて曲を聴いた場所の近くを歩くと曲のベースラインが聞こえてきたりと、音楽を聴くときには常にコンテクストが必要ですが、ARを使うことでそのコンテクストをさらに進化させることができます。ARと音楽の使用例は無限であり、未来をリードする真のイノベーターであるNianticと一緒にこの旅ができることをとても嬉しく思います。」Warner Music Group、Chief Digital Officer and EVP, Business Development、Oana Ruxandra氏

Lightshipのセッション内でご紹介した、Lightship ARDKを使用したアプリはこちらです。

  • Historic Royal Palaces:ロンドン塔周辺の堀を、2022年から花で埋め尽くされた新しい風景へと変貌させようとしています。Historic Royal PalacesはロンドンのPreloadedの開発スタジオと協力し、塔の周辺にいる人や世界中の誰もが見ることのできるARフラワーの体験を構築しました。これは歴史に関わる活動を続ける団体がこれまでとは全く異なるオーディエンスへとアピールするとともに、ARが私たちの生活に美しさ、気まぐれさをもたらし、歴史の大切を気づかせてくれる数多くの例の1つです。

  • 集英社:日本の集英社が発行する漫画は、100年近くにわたってファンを楽しませてきました。集英社の作品は数多くのアニメーションやテレビシリーズに影響を与えています。そして、モバイルデバイスとARを使って、『ワンピース』をはじめとする漫画のキャラクターたちを現実世界に取り込むことが可能になりました。開発スタジオのT&Sが、集英社のクリエイティブな漫画の世界をARで実現してくれることをとても楽しみにしています。集英社からのアプリは2022年以降にリリースされる予定です。

  • PGA of America:Nianticでは、屋外で一緒に楽しめる体験を大切にしています。私たちのマルチプレイヤーツールは、PGAのチームと開発を手掛けるTrigger Globalが新しい共有型AR体験を構築するための大きな助けとなるものです。PGA Jr. LeagueはARを用いることで、新たなプレイヤー世代に新鮮かつ魅力的な体験を届けてくれるでしょう。このアプリは2022年にリリース予定です。

  • Coachella:Coachellaチームは何年も前から、Coachella 2018で初めて披露された7階建ての虹色のらせん状タワー「Spectra tower」に、皆に愛される蝶を乗せたいと考えていました。Lightshipのおかげで、それが実現できそうです。Coachellaのアプリではセマンティック セグメンテーションを用いて、巨大な美しい蝶が現実世界の一部であるかのように振る舞う様子を体験することができます。このアプリは、Coachella 2022で利用可能になる予定です。

  • TRIPP:TRIPPはLightshipを用いて、単なるメディテーション用アプリではなく、世界中の人々をグローバルなウェルネスコミュニティと繋ぐためのアプリを開発してします。TRIPPは、より繋がりのある、心豊かでより良い世界を作るために、リアルワールド メタバースの可能性に手を差し伸べる、非常にユニークな体験を構築中です。このアプリは2022年にリリース予定です。

  • Science Museum Group:これまでの概念を打ち破り、科学をより魅力的でインタラクティブなものにしたいという目標から、Science MuseumはNiantic Lightshipにたどり着きました。今後このアプリを用いて、ARで人々を身近な科学に結びつけていきます。このアプリは2022年5月にリリースされる予定です。



未来への投資 - Niantic Ventures
Lightship Platformを使ったユニークなARアプリケーションや体験の成長を加速させるため、私たちはNiantic Venturesを設立し、ARの未来の構築に貢献する企業へ投資していきます。Niantic Venturesは、ARエコシステムを構築するためにユニークな活動をしている企業を発掘し、他のベンチャーキャピタルやエンジェル投資家とともに共同投資を行っていきます。本モデルは、ARを新たな形で活用する有望な企業の成長を、業界の枠を超えて加速させることが目的です。詳しくは、 Lightship.devをご覧ください。

開発者フレンドリーなビジネスモデル
セマンティック セグメンテーションやメッシングなど、Lightship ARDKの中核となるAPIは現在、アプリの利用人数に関係なく無料でご使用いただけます。マルチプレイヤーAPIは、月間アクティブユーザー数が50,000人未満のアプリでは無料、50,000人以上のアプリでは有料となりますが、最初の6ヶ月間はアプリの規模に関わらず無料でご利用可能です。

この規約は2022年5月1日以前にLightship ARDKにご登録いただいたすべての開発者に適用されます。 詳細については、 Lightship.devをご覧ください。

Niantic Lightship Developer Conference 2022
2022年5月にサンフランシスコで年次開催される、Niantic Lightship Developer Conferenceの第1回目に、開発者皆さまがご参加くださることを楽しみにしています。このカンファレンスでは、本プラットフォームに関する最新情報を提供し、次なる展開を共有する予定です。カンファレンスまでは、 Lightship.devでツールにアクセスし、世界中の人々を楽しませ、情報を提供し、インスピレーションを与えるAR体験を作り始めてください。


Lightshipチーム
ブログに戻る