ブログ > 3Dスキャニングアプリ:Scaniverse を迎えました
2021年8月10日
3Dスキャニングアプリ:Scaniverse を迎えました
  • 買収によりNiantic の現実世界のゲームボード規模が拡大
  • 3D モバイル スキャニング アプリは独立したアプリとして存続
  • Scaniverse 創業者兼 CEO の Keith Ito が Niantic の AR エンジニアリングチームに参加

Toolbox AI の 3D スキャン モバイルアプリ Scaniverse が Niantic と一緒になり、 創業者兼 CEO の Keith Ito が Niantic に加わりました。Scaniverse は、スマートフォンのカメラで 3D コンテンツを撮影、編集、共有するための迅速で簡単な方法を開発しています。 Scaniverse が Nianticと一緒になることで、マルチ OS のスキャンが簡単になり、Niantic のスキャン プロジェクトにご協力くださっているプレイヤーの方々により優れたツールを提供できるようになります。


Nianticは創業時から、現実世界の冒険を友だちと共有できるようにしたいと考えていました。これを実現するために重要な要素が、3Dスキャンした場所からレンダリングを行ったダイナミックな空間マップです。Niantic のプレイヤーの方々のご協力により、サンフランシスコのガンジーの彫刻や東京にある豪徳寺の招き猫など、世界各地のユニークで興味深い場所(Wayspot) の画像ライブラリをクラウドソーシング形式で作成してきました。

Niantic の深度(距離情報)技術は、ほとんどのスマートフォンに搭載されている標準的な RGB カメラセンサーを利用し、高速で正確な 3D 位置情報のスキャンを可能にします。また、LiDAR を使用する最新のスマートフォンともシームレスに連携できます。スキャンは簡単であればあるほど世界の 3D マップをより早く構築できると考えられ、スキャンの精度が高くなるほどより楽しく魅力的なAR体験が可能になります。

現実世界でポケモンの生息地をみんなで一緒に体験したり、デジタルキャラクターが街の隠れた名所を案内してくれたり、友だちが現実世界にある場所に残したメモを発見したりできる未来を想像してみてください。Niantic は、大規模な 3D マップの開発を通じて、みなさんと一緒にそんな未来を実現したいと思っています。


 -Kjell Bronder, Group Manager ARチーム グループマネージャー

ブログに戻る