ブログ
2020年5月27日
Pokémon GO Fest 2020」が7月25日(土)~26日(日)に開催決定!新しいイベントを体験しよう!

Niantic

トレーナーの皆さん

2019年は、シカゴ、ドルトムント、横浜でそれぞれで「Pokémon GO Fest」を開催し、合計で60万人以上のトレーナーにご参加いただきました。過去最大規模のイベントなり、大いに盛り上がり大成功に終わりました。

今年開催する「Pokémon GO Fest 2020」は、生まれ変わった新たなイベントとなります。開催日は 7月25日(土)・26日(日) を予定しており、初めての試みとしてバーチャルで開催、トレーナーが世界中のどこからでも参加できる形のイベントになります。さらに、チケットを持っているトレーナーは、2日間のイベントに両日参加できます。

トレーナーの皆さんが一堂に会する従来の形式での実施ではございませんが、どこからでも参加できる「Pokémon GO Fest」は、これまでにない特別な体験になるはずです。1人で参加したとしても、みんなの心は繋がっています。期間中のボーナス、ポケモンとの出会い、そしてスペシャルリサーチだけでなく、とっておきのサプライズも用意しています。今年の夏も忘れられない思い出をたくさん作りましょう!

Nianticのブログや「Pokémon GO Fest」のウェブサイトで最新情報をチェックしましょう。皆さんに詳細を発表できる日を楽しみにしています。同じ公園、同じ空の下でまたお会いできるようになるまでは、それぞれの場所から冒険を楽しみましょう。

—Michael Steranka, Director, Marketing & Global Live Events

2020年3月31日
Niantic、3D空間マッピングのリーダー6D.aiを買収。共にリアル・ワールドARイノベーションを加速

Niantic

Nianticは 6D.ai を買収し、才能溢れる新たなメンバーを迎え入れました。6D.aiと共にダイナミックな3Dマップを作成し、新しい地球規模AR(拡張現実)体験を実現していきます。これにより、あらゆる開発者が才能を発揮し、未来のARハードウェア用のコンテンツを創出できるARプラットフォームの実現に向けて歩みを進めたことになります。

Nianticは立ち上げ当初から、現実世界と並行したARの世界を作り上げることで、人々の日常に楽しさと冒険を提供することを目指してきました。この挑戦には、AR技術の著しい発展が不可欠であり、現実世界を忠実に再現し、常にアップデートされていく最新の3Dマップがあって初めて可能になります。6D.aiの深く専門的な知見と、すばらしい躍進を遂げたARの研究・開発を活用することで、私たちのミッションを果たしていきたいと考えています。

Niantic

2017年に創立した6D.aiは、オックスフォード大学のActive Vision Labからスピンアウトし、3次元再構成、ARの永続性など、ARの基礎的な課題を解決するためのデベロッパーツールやコンピュータービジョンを基にした技術を開発してきました。こうした6D.aiが有する様々なARの技術は、Nianticが創り出す体験、そして今後共に協力を進めるプレイヤー・開発者のコミュニティにおいて、非常に重要な要素となります。プレイヤーの方々には更に優れたAR体験を、開発者にはそれぞれが思い描くARの理想を実現する革新的なプラットフォームを提供していきます。

ARが人と人の繋がり、人と場所との繋がりに与えるインパクトには、まだ大きな可能性を秘めています。想像してみてください。皆さんが同時に、現実世界でポケモンの生息地に足を踏み入れることを。ドラゴンが空を飛び、実際にある建物に着地する様子を間近で見ることを。お気に入りのキャラクターと隠れた秘密の裏路地を歩いたり、友達が残したメモを発見したりすることを。

こうした例の他にも、大規模なARマッピングによって様々な体験が可能になります。私たちは、6D.aiのチームと共に邁進していくことを、楽しみにしています。

6D.aiによるコメントは、こちらをご覧ください。

-jh

2020年3月30日
自宅からもリアルワールドゲームを楽しめる環境を整える為に

Nianticのゲームを楽しんでくださっている皆さまへ

新型コロナウイルス (COVID-19)の感染が世界的に拡大しています。前例の無い厳しい時間を過ごすことで世界中の皆様が肉体的、精神的に多大なるストレスを継続的に感じていることと思います。Nianticは、皆様が引続き健康でいられることを心より願っております。改めて、非力かもしれませんが、すこしでも楽しさを提供することで、皆様の心に寄り添っていける、そんな存在に我々はなりたいと思っています。

現在、世界は今までとは異なってきています。こんな中、Nianticは何ができるのか?日々考えています。

Nianticは人々を外へ誘い、運動や世界を冒険することを通じて人々の繋がりを作りたい、という思いのもと創業しました。そして世界中のたくさんのプレイヤーの皆さまにサービスをお楽しみいただくことができました。

Nianticは、常に我々が創造するプロダクトの「野外で楽しむ」「探索する」そして「運動をする」というDNAを、屋内でのプレイにも導入することができると考えてきました。我々は、今こそが、まさにその思いを具現化する時なのだと考えています。外出してプレイしたときに感じたワクワク感を、屋内でのプレイにも取り入れていく、そんな革新的なゲーム体験を創造して行きたいと考えています。

この考えを我々の製品ロードマップに追加していくことで、自宅やその周りで楽しむことができるそんな環境を、皆様が必要と考える限り、継続的に実現していきたいと考えております。

世界中でこの状況がいつまで続くのかを予想することは難しい中、『Pokémon GO』に以下のような変更を行います。

  • 「いつでも冒険モード」を、ご自宅でお掃除をされていたり、ルームランナーをご利用されたときなどの屋内での歩数も反映されるよう改善しました。この機能はすでに実装されており、屋内で運動を行うと、ゲームも進行します
  • ソーシャル : 実際に出会うことができなくてもお友達やご家族とつながりを持ち続けられるようにゲーム内のソーシャル機能をより強化します。自宅にいながらでも、他のプレイヤーとともにレイドバトルに参加できるような仕組みを検討しています。
  • 探索 : お気に入りのスポットに再び訪れる時を思いを馳せながら、バーチャルにそのスポットに訪れ、お友達やご家族とその場所の思い出を共有できるような機能を考えています。
  • リアルイベント: 毎年、夏に大規模なリアルイベントPokémon GO Festを行ってきました。この夏はあの盛り上がりをご自宅にお届けできる、まったく新しいPokémon GO Festを検討しています。詳細をお待ちください!

みなさまがご存知のとおり、すでにゲーム内イベントの内容などには多数を変更を行っており、外出や集まりが制限されている状況下でもプレイいただける環境の整備に、全力を注いでいます。

例えば、今年は『Pokémon GO』に自宅からでも参加可能な「GOバトルリーグ」を導入しました。リーグへの参加に必要な歩行距離も、3kmから0キロに変更しました。また、おこうの機能を強化したり、遠くまで歩かなくてもモンスターボールを手に入れられるようにもしています。ギフトの中身も変更を行い、より多くのギフトのやりとりができるように所持数も増加させました。

『ハリー・ポッター : 魔法同盟』においては、プレイヤーの皆さんがゲーム内でポーションを手に入れやすくなるよう、そしてファウンダブルをご自宅からでも見つけやすくなるように変更しています。

『Ingress』においては、複数のポータルに訪れる必要性を減らすため、バーンアウトまでの回数を増やすと共に、クールダウンの時間を短縮しました。また、L7、L8のレゾネーターを2つづつデプロイできるようにすると共に、ソジャーナーメダルを獲得する為の条件に「リチャージ」を追加しました。

政府や地方自治体によって、他の方々との距離をおけば外を歩くことが許可されている地域では、注意しながら遊んでいただくことで、皆さんが身体的、精神的に健全でいられるために貢献できると考えています。今回Nianticが行う変更は、このようなことができないときの代替として提供するものです。

プレイヤーの皆様と一緒に、馴染みのある場所や行ってみたいと思う場所に家族や友だちと遊べる日が戻るときを楽しみにしています。世界にその準備ができたときに向け、Nianticも準備を整えておきます。

-jh