ブログ
2019年12月5日
Niantic、ARソフトウェア・ハードウェア開発の加速に向けてQualcomm Technologiesとの協力体制を発表

Niantic

本日、Qualcomm Technologiesの年次イベント「Snapdragon Technology Summit 2019」のステージ上にて、副社長兼XRの統括責任者であるHugo Swartとともに、NianticとQualcomm Technologiesが協力体制を組むことを発表しました。今後、ARグラスのリファレンスハードウェア、ソフトウェア、クラウドコンポーネントの設計において、協力していきます。私達は、最新ARイノベーションとの連携を確かめながら、未来のデバイス開発を前に進めるための第一歩として、以下2つのプラットフォームの最適化を計画しています。

Qualcomm® Snapdragon™ XR2 Platform:世界初の5G対応XR(仮想空間技術)プラットフォームです。Qualcomm TechnologiesのXR、5G、AIに関する専門知識を集めて、XRの新時代へ繋がる画期的なテクノロジーを提供します。このプラットフォームは、、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(混合現実)において拡張可能で、さらにXR史上初となるさまざまな機能を有しています。 Niantic リアルワールド プラットフォーム:没入感の深いユーザー・エクスペリエンスを実現するAR開発技術、そして世界中のプレイヤーが同時にAR体験を共有できる統合型クラウドサービスなど、Nianticの核となる技術を提供します。

Nianticでは、Nianticリアルワールド プラットフォームを通して次世代のAR体験を生みだし、現実世界の共有、理解、マッピングを行う新しい方法を構築しています。既に数億人のプレイヤーが『Ingress Prime』や『ポケモン GO』、『ハリー・ポッター:魔法同盟』などを継続的にお楽しみいただいていることが、Niantic リアルワールド プラットフォームの価値を物語っています。

先月、(「Niantic Creator Program」と「Niantic Beyond Reality Fund」](https://nianticlabs.com/blog/nbrdc-update-110619/)を発表しました。これらは、世界中の才能溢れる開発者にNiantic リアルワールド プラットフォームを公開し、位置情報ゲームやARの体験において、開発者のビジョンを実現するための支援を行うプログラムです。今回、NianticとQualcomm Technologiesの協力によって生まれるアーキテクチャにおいても、「Niantic Creator Program」を通して世界中の開発者に共有される予定です。開発者・クリエイターの方は、こちら から「Niantic Creator Program」にご応募いただけます。

私たちはQualcomm Technologiesとの協力によって、ハードウェア、ソフトウェア、クラウド技術を含めた総合的のアーキテクチャの枠組みを固めていき、AR業界をさらに前進することを楽しみにしています。

- Niantic 共同創設者兼CTO Phil Keslin より

QualcommとSnapdragonは、Qualcomm Incorporatedの米国ならびに他の国における登録商標です。Qualcomm SnapdragonはQualcomm Technologies, Inc. 、あるいはその子会社の製品です。

2019年10月10日
Niantic Wayfarerが始まります

新しく「Niantic Wayfarer 」が始まります。これはNianticのゲームをプレイする世界中のさまざまな場所のレビューを行うためのツールで、ゲームプレイヤーの皆さんの未来の冒険を形作るものです。

Niantic Wayfarerは、ゲーム体験を豊かにすることを目的に、Ingressのエージェントの方々がポータルをノミネート、レビューをしてくださることに利用されている「ポータルリコン」をもとに作られています。

「ポータルリコン」同様、「Niantic Wayfarer」は美術館、アート作品、歴史的建造物などのPOI(Point of Interest)を確認、編集し、ポータルやポケストップ、ジムなどとしてNianticのゲームに追加いただけます。これには、皆さんのゲーム体験をより有意義なものにするために、皆さんご自身の視点も大切にしたいという思いも込められています。

Niantic Wayfarerは、対象となる『Pokémon GO』のトレーナーの皆さんに向け、今年中に展開予定です。もう少々お待ちください。

Niantic Wayfarerの詳細については、wayfarer.nianticlabs.comをご覧ください。


-Niantic チーム

2019年8月28日
新しいオフィスで

Niantic

つい先日、Niantic 日本法人は新しいオフィスに移転しました。早いもので、日本法人の設立から4年が経とうとしています。

日本法人は、米国本社設立と同じタイミングで、初の海外拠点として設立されました。Niantic にとって特別な市場である日本において、米国と同様、日本法人が着実に成長することができていることは本当に嬉しいことです。

先日、Nianticは、スポーツ庁から「Sports in Life」プロジェクトの第一号に認定されました。兼ねてより「Nianticはゲーム会社ではありません」と言い続けてきました。この認定は、私たちが提供するアプリが、単なるゲームアプリでは無く、スポーツと同様、人が動き出す(体を動かす)きっかけを作るアプリであることをご理解いただけた、ひとつの証であると考えております。また私たちが推奨する「歩くこと」自体がスポーツの一つとして認められたのだとも考えています。これからも私たちのアプリとともに家の外に出て、冒険に出る人がひとりでも増えてくれるとうれしく思っております。

Niantic は「Adventures on foot with others/共に歩いて冒険しよう」を企業ミッションに、「ひとりでも多くの方に家から一歩でも外に出ていただく」そんなきっかけを提供したいという思いで、『Ingress』『Pokémon GO』そして『ハリー・ポッター:魔法同盟』を提供して参りました。その内のひとつ『Pokémon GO』では、嬉しいことに世界中で10億以上のダウンロードを記録することができました。今でも多くの方がPokémon GOとともに、外に出て、自然を感じながら、また多くの方々とつながりながら、日々歩いてくださっています。

Nianticのサービスの特徴は、ご利用いただいている方々の年齢層の広さにあります。お子さまからご年配の方々まで、家族全員でお楽しみいただいていることは、開発・提供企業としてたいへんありがたく思っています。ここまで来ることができましたのは、ひとえに、Niantic のサービスをご利用くださっている皆さまと、私たちを信じて支えてくださった企業パートナーの皆さまのおかげだと感じております。本当にありがとうございます。

過去4年間、Nianticは多くの自治体と連携してイベントを開催してきました。その数は100ヵ所を優に超えています。また、『Ingress』では「ファーストサタデイ」や「ミッションデイ」と呼ばれる、プレイヤーが主導しているイベントも数多く開催されています。私たちのアプリは、このようなイベントをきっかけに、普段なら行く機会のない土地に足を伸ばし、その場所の歴史や文化、風土に触れる機会も提供しています。

Nianticの理想は、人種・言語・国境などを超えて人が動き出し、今まで知らなかった場所に行き、新しいことを知り、様々な人と繋がりあうことができる、そんな世界をサポートする事です。これからも、最新のAR(拡張現実)技術を用いて便利で夢のある世界を提供できるアプリを開発し、私たちのアプリとともに歩いてくださっている多くの方々に一生寄り添うことができるサービスになりたいと考えています。

これからNiantic 日本法人は、アジアのビジネス拠点と言うだけではなく、Globalの開発拠点としても成長していきたいと考えています。それを実現するためにも、これまで以上に各国の自治体やプレイヤーの皆さまと、より親しい距離で仕事をしていきたいと考えています。そして、更なるチャレンジとして、今まで以上にグローバルに活躍する人材の排出にも力を入れていきたいとも考えています。

Nianticが思い描く世界に少しでも近づけるよう、まだまだチャレンジし続けていきたいと考えています。日本で4年目を迎えるNianticにどうぞ引き続きご期待ください。これからもよろしくお願い申し上げます。


—株式会社ナイアンティック 代表取締役社長 村井説人